専業主婦が来店不要で即日融資を受けるには

主婦の場合には、パートやアルバイトで安定した収入がある場合には、他の人と同様にカードローンに申込むことができます。
しかしながら、自身に収入がない専業主婦の場合には、多くの制約があり、申込みできるところは非常に少ないというのが現状です。


まず、消費者金融などの貸金業者の場合には、一部の中小消費者金融が配偶者特別貸付制度による融資の申込みを受け付けていますが、この制度を利用するためには、配偶者の同意書など多くの書類が必要となるため時間がかかることも多く、実際に申込む人も少ないというのが実情です。
もちろん、通常のキャッシングサービスは、総量規制の年収制限のために申込むことができません。
申込めるのは、一部の銀行カードローンとなります。
銀行の場合には、総量規制の適用を受けませんので年収制限もありません。
銀行で即日融資を受けるためには、まず、審査時間の短いところで、自動契約機を利用して契約することでカードを取得するか、インターネットから申し込み契約まで完了させ、振込キャッシングを利用するなどの方法があります。
これらのうち、来店不要で借入ができるのは、インターネットからの申込みとなります。
申込は、専業主婦の申し込みを受け付けている銀行のホームページから行います。
ここから申込んで早い場合には1時間前後で契約まで完了しますので、来店不要で融資を受けるためには振込サービスを依頼することになります。
振込サービスは、通常は、平日14時前後までに契約を完了させて振込依頼をする必要があります。
時間に遅れてしまうと、翌営業日対応となり即日融資が受けられなくなります。


また、審査時間も短く即日融資に対応している銀行の場合でも、振込サービスを提供していないところも多いので、その場合には、来店不要でお金を借りることはできません。
振込サービスが提供されていない銀行の場合には、郵送でカードを送ってもらうか、自動契約機に出向いてカードを取得することで融資が受けられます。