無職でも即日融資が受けられるのか?

銀行でも消費者金融でもカードローンでお金を借りる時、まずは申込条件をクリアーする必要があります。
主な申込条件は、年齢要件と収入要件です。
前者は、年齢が満20歳以上で上限年齢は金融機関によって異なります。
後者は、安定・継続した収入が必要というものです。


この2点をクリアーすれば、正規雇用の会社員だけでなく派遣社員やフリーター、パートの主婦、学生の方でも利用できます。
したがって年齢要件をクリアーしても収入要件をクリアーできなければ審査に通らないので、完全に無職の方や生活保護受給者の方に貸してくれる金融機関は存在しません。
しかし無職と言っても、例えば専業主婦や年金受給者の方はどのような扱いになっているのでしょうか?
まず専業主婦の方は、総量規制のために消費者金融では貸してもらえません。
ご主人に安定した収入があったとしても、直接収入がない専業主婦の方は申込すら受け付けていないのです。
一方銀行カードローンでは、総量規制の対象外なので、たいていの銀行で申込可能となっています。
借り入れ限度額が30万円から50万円までと制限がありますが、ご主人の収入証明書や同意書の提出は不要です。
ですからご主人に内緒で借りられることになっています。
次に年金受給者について解説します。
人生の大先輩である年金受給者にとって、残念ながら利用できる金融機関は非常に少ないのが現状です。
なぜなら銀行では申込可能年齢の上限が65歳未満の金融機関が非常に多く、年齢要件にひっかかるケースが多いのです。


しかし中には69歳まで申し込める銀行もあり、年金受給者でも申し込めます。
一方大手消費者金融では69歳までは申し込めますが、年金収入の他アルバイトなどで収入があることが求められており、年金収入のみでは原則申込不可となっています。
申し込み条件をクリアーし、審査を無事に通過した専業主婦や年金受給者の方は、一般の方と同様に即日融資が受けられます。
もちろん初めての申し込みなら、無利息サービスを受けられるのです。